Tokyo 2020年5月31日(日)
         
 柴田敏彦先生著の「黙示録の7つの教会への手紙」が出版されました。
 本書について、委員会サイドでは、委員会としての再版はされないと広報されたものの、(どのような経緯によってかはわたしには不明 ですが)、このたび、いのちのことば社で出版されることになりました。
 長老教会内部にとどまらず、広い読者に手に取って読んでいただけるようになったことを、率直に喜んでおります。
 委員会バージョンより、さらに読みやすく、わかりやすい文体にしてくださったと感じます。
 かつてある読者の方から、「黙示録全体のコメンタリーを実現してください」というお声をいただいたことがあり、柴田先生には、いつ の日にか黙示録全体のコメンタリーを書いていただけたらと、密かに願っているもののひとりです。