Tokyo 3月19日(木)
         
     
 
 緊急G7が開催されたのは、「東京五輪を開催できる状態ではないので中止せよ」という趣旨によると米国CNN放送が報じていまし た。
 「そのなか安倍首相だけがただひとり、延期や中止に強く抵抗」したというのが真相であり、アベが「人類が新型コロナウイルスに打ち 勝つ証として東京オリンピック・パラリンピックを完全な形で実現するということについてG7の支持を得たところです」といってあたか も全員が「オリンピック成功にむけて頑張ろう」みたないな言い方をしたようにいっていたのは嘘だったのです。
 平気で事実と違うことを公の場でいえる人が、「総理」という権力の座についているくらいの“国難”はないのです。
 一事が万事、「福島の汚染はアンダーコントロール」からはじまり、人の命をなんともおもわず、なにがなんでも自分の名誉を守りたい がためのフェイクであったというわけでした。 
 つまり、そういうことは、感染者数はおろか、死者数でさえ、オリンピック強行にむけた「フェイク」ではないかと疑われます。
 それゆえに、この期に及んでのオリンピック開催など“蛮行”に等しい。
 このような人への支持率がいまだに40パーセント超えているなど、いったい誰が信じるというのでしょう。

 関東軍731部隊が第二次世界大戦下で「細菌戦」を研究。
 戦勝国主導によっておこなわれた東京裁判では、細菌戦戦略にかわった医師たちが米国側に「細菌戦争」の資料を引き渡し、免責を得た のは事実。そして、日本側から押収された資料に基づいて、米軍において細菌戦にむけた研究がおこなわれ、なんらかの事故によっ てエイズウイルスが蔓延したというのもすでに憶測ではありません。
 けれども、仮に、「新型コロナウイルス」により、中国弱体化をねらった米軍による“極秘作戦”だったとしても、米国があびた“返り 血”は、凄惨を極めているようにみえます。
 つまり、米国においては、「検査」や、発症後の入院のための個人負担が膨大になるのであり、良きにつけ悪しきにつけ強制力を発動し ている中国と違い、米国では、事実上の「ほったらかし」が横行するため、実態が把握できないため、COVID19による死者 数はおそらく中国の数を凌駕するであろうとみられます。 
 日本では、オリンピック中止の宣言が先延ばしされているため、実態が把握できないばかりでなく、すべての日本人が、いつどこでどよ うに感染するかわからないという恐怖に連日晒されています。
 繰り返しますが、もっと早い頃にオリンピック中止が宣言されていれば、失われた命が失われずにすんだかもしれません。保菌者 でありながら、 自覚症状がないために周囲にウイルスをばらまく人々が増えているのです。
 ・・・あまり大げさな言い方を好みませんが・・・知ってか知らでか、民族滅亡にむかうカウントダウンがスイッチオン。いえ、世界か らすると、「ダイヤモンド・プリンセス」は培養庫だったとみなされ、さらにオリンピック開催にむけて「一億玉砕」の旗ふりに歯止めが かかっていないため、“日本は世界滅亡にむけて旗をふる最も危険な国”とみなされています。
 形式上、公立学校通学は停止が促されていますが、強制力はなく、私立学校や保育園等は蚊帳の外。電車やバスによる都市間の移動も制限されていま せん。パチンコに及んでは自主規制以外、今のところなんの規制制限もないのでしょう。

  ヨナは初め、その町にはいる と、一日中歩き回って叫び、「もう40日すると、ニネベは滅ぼされる。」と言った。
  そこで、ニネベの人々は神を信じ、断食を呼びかけ、身分の高い者から低い者まで荒布を着た。
  このことがニネベの王の耳にはいると、彼は王座から立って、王服を脱ぎ、荒布をまとい、灰の中にすわった。
  王と大臣たちの命令によって、次のような布告がニネベに出された。
 「人も、獣も、牛も、羊もみな、何も味わってはならない。草をはんだり、水を飲んだりしてはならない。
 人も、家畜も、荒布を身にまとい、ひたすら神にお願いし、おのおの悪の道と、暴虐な行ないとを悔い改めよ。
 もしかすると、神が思い直してあわれみ、その燃える怒りをおさめ、私たちは滅びないですむかもしれない。
 神は、彼らが悪の道から立ち返るために努力していることをご覧になった。
 それで、神は彼らに下すと言っておられたわざわいを思い直し、そうされなかった。

 わたしは、聖書を信じているので、この旧約聖書の記事が「つくりばなし」だとは思わないのです。
 まず先に信仰を得たキリスト者から熱心になって悔い改め、神に願いもとめるなら、信じる人々にたいしてもそして信じていない 人々にたいしても、いえ、いまは神に敵対して生きているような人々にたいしてでさえ、キリストにある平和と幸福の「わけまえ」が この地上にもたらされると信じているのです。