Tokyo 12月23日(月)
         
     
グレタさんの“言い分”
 
 
地球温暖化をつくりださない、環境にクリーンなエネルギー源は「原発」とみているのでしょう。
 地球が温暖化しているのは、「人のつくりだした」現象であるというところが、大きなミスリードなのでした。創造主のみ業に依存して いる地球環境は、
人の意志や思惑によって操作できるような代物ではないのです。地球そのものに依存しなければ生きられ ないのが「人類」だからです。

 グレタさんの発言の一部。 

Personally I am against nuclear power, but according to the IPCC, 
it can be a small part of a very big new carbon free energy solution, 
especially in countries and areas that lack the possibility of a full scale renewable energy supply 
- even though its extremely dangerous, expensive and time consuming. 
But let’s leave that debate until we start looking at the full picture.  
(IPCC =
Intergovernmental Panel on Climate Change 気象変動に関する政府間パネル ウキキペディアより

わたし個人としては原発には反対です。ただし、IPCCのいうところに従うと、たとえ、・・「原発」が、とてつもなく危険かつ高価であ り、、そして、膨大な時間の無駄だとしても、再生可能なエネルギー源が全面的に展開できて いない国や地域においては、わずかでも解決策の一部となりえるとされています。そんなわけで、事のすべてが見通せるようになれる まで、とりあえず、どっちだとか決めつけずにこれは議論のまま残しておきましょう。(意訳)

 グレタさんのこのような発言を最も喜んで受けているのが、原発マフィアであるのは疑いようがありません。
 これまでの発言において、明確な「原子力発電反対」となっていないところから推察すると、グレタ発言は、「温暖化詐欺」からの発信 であり、 いわゆる原発マフィアとのつながりを推察せざるをえません。
 “みんなで地球を守ろう”というキャッチコピーもあり、“温暖化にブレーキをかけよう”との掛け声のもとに、「原発依存」を増大さ せたいグループがあるようです。
 グレタさんが洗脳され自発的にそういっているにせよ、誰かから操作され言わせられているか、いずれにせよ温暖化詐欺というのはほん とうに罪深い。