Tokyo 10月1日(月)
         

 沖縄知事選で玉城さんが当確になったとのこと。安倍政権がこれまで何をやってきたかに注目してきたものの一人としては、どのような結果になるかと案じて いたものの、やはり沖縄は沖縄でした。安堵したと同時に、これからの日本の将来像の構築は、すべて沖縄から学び、沖縄に倣うところからはじめられるべきで あるという確信を強くしました。
 ほんと良かったですね。
 選挙のために“住民移動させる”とかは朝飯前であり、事前投票が水増しされ、間違いなく気象操作をおこない、選管をムサシに丸投げして操作されている不 正選挙。そしてアベは、邪魔なものは消す=暗殺することを繰り返してきたのでした。
 ことごとく、選挙民の結果が反映していないという民主主義に反旗を翻したかのような事実上のテロが横行していたからであり、米国べったりでおこなわれて きた反民主主義の勢力は、ここにきて米国が大切にしている民主主義の原理さえ破壊するようになり、トランプ政権は、今回の沖縄知事選を分水嶺に、安部によ る日本乗っ取りのテログループを排除する動きをさらに徹底させるようになる動機付けとなったと考えます。
 もっぱら洗脳装置としての機能しかなかった創価学会の内部から、洗脳されることを拒否し、「自分の頭で考える人々」が育ち始めたという意味でもあるで しょう。


 たよりにならない富に望みを置かないように。むしろ、私たちにすべての物を豊かに与えて楽しませてくださる神に望みを置くように。
 テモテ前書 6:17
 たくさん財産を貯め込むことを人生に生き残るための“希望”と考えている人はおられるでしょう。生き甲斐は金。金を貯め込むことが人生の質を決めると思 いこんでいる人は「愚か者、お前の魂は今夜おまえから取り上げられる。そうしたらおまえの貯め込んだ財産は誰のものになるのか」という叱責を免れ得ないで しょう。
 「おまえのもっている財産を全部、主のもとに献げなさい。それから私についてきなさい。」
 主イエスさまの教えは徹底しています。
 
¶ 田中角栄さんは、学歴はなかったが、頭脳は明晰で、猛勉強した方ではなかったですか。
 安部さんはまともに本を読んだことされないのでしょう。識字能力がないのかもしれないとさえ疑います。
 英語は当然のこと、日本語でさえまともに使えない。こんな人が首長である国家はおかしいです。
 日本人にはもっとまともな政治家がたくさんおられるのでしょう。