Tokyo 3月27日(火)
         
 森友問題 で、佐川元国税局長官が証人喚問。正直に事実をのべたならほぼ全国民を味方につけたと思われるのですが、結局、安倍政権の意向に沿う形を守り通したようで す。安部さんにとっては、仲が良かったかどうかとか、利害関係を共通した仲間だとかどうか、どうでもいいのであり、利用できるだけ利用し、利用できないと 判断したら、ゴミのように捨てるということをこれまでやってきたはずではありませんか。

 佐川さんは目先の安全と利益に逃れ場を見いだしたと思われます。愚かな選択でした。アブラハムの時代、みために豊かそうにみえるソドムに降りていったロ トとその家族が迎えなければならなかった悲惨な運命は、現代に、かたちをかえて佐川さんと佐川さんの家族に降りかかることになります。
 愚かな選択とは何か。
 こたえを絵に描いたような結果になるに違いありません。
 安部さんに嫌われてなんぼの世界です。日本国民として安部さんに嫌われるようでなければ、愛国心があるとはいえないと思います。
 安部さんの側からすると、生き残るためには、何でもするというのであり、これまでさんざんヒットマンを雇ってきたのですが、身内を切り捨てることを繰り 返してきたのにもすでに限界であり、この期に及んでは、自分が切腹して果てるか、誰かに切られるの待つしか選択肢がなくなりました。