Tokyo 8月11日(金) 
     
 日本にとっての最善の選択は、このまま東京オリンピックを開催するのではなく、国内の諸問題を解決し、本当の平和を作り出すための環境づくりです。わずか2週間のスポーツイベントのために、膨大な公的資金を投入することで、国民の心は励まされるどころかもっと疲弊し脇見道にそれずに滅亡へと向かうに違いありません。東京オリンピックを返上せよ!!!

 これほど、不正義があきらかになているのに、なぜ安部は総理の座に居座り続けるのか謎です。あきらかな証拠隠滅と情報操作、そして嘘の上塗り。もしかしたら禁じ手の暗殺に手を染めているのかもしれないとまで疑います。少しでも早く辞職させ、すべてを日の元に曝し、法の下に晒して、国民が納得できる裁きを下さなければなりません。オリンピックを支える人々、そして安部さんと一味を支える人々に日本国を愛する愛はありません。

 正義を洪水のように
 恵みの業を大河のように
 尽きることなく流れさせよ。
 
 かつてイスラエルの預言者アモスがこのように語りました。政治の不義にたいする日本国民の心の乾きは、大地が日照りで乾いて、からからになっている状態に似ています。必要なのは正義です。
 正義を“大河のように流れさせる”ために、その第一歩として安倍政権を一瞬でも早く終わらせなければなりません。それと、安部さんと同じ日本会議のメンバーである小池東京都都知事も、築地市場移転問題に絡んでいよいよ厚化粧の内側がばれてきたようで、都民ファーストの実態は安部ファーストであるという認識を拡散しなければなりません。